ビジネス キューブログ

葬祭関連会社様がお電話代行をお使いいただくケース⑤

2014年5月13日 | 

弊社では、さまざまな業種の方々にお電話代行サービスをご利用いただいております。

 

会員様の中には、葬祭業の方も多くいらっしゃいます。

 

お電話代行サービスのご契約時に、基本的な応対方法のご指示下記2通りからお選び頂きます。

 

 

①応答後転送(通話料が実費で発生いたします)

 

内線感覚にてご指定頂いたお電話番号にお電話をお繋ぎさせて頂きますと、掛けてこられたお客様と直接お話し頂けます。

 

 

 

②外出応対

 

受電内容をメール連絡、もしくはお電話連絡のどちらかご指定頂いた方法にてご報告させて頂きます。

 

ご契約時に②の外出応対をお選びいただき、折返しお電話させて頂くよう応対させて頂いた際、 「携帯にお電話します」、「こちらから改めるので結構です」とおっしゃられる場合がございます。

 

 

お伺いした内容をそのままお伝えいたしますが、事前にご指示を頂ければ改めて頂ける方にもお電話番号をお伺いさせて頂くことも可能でございます。

 

 

但し、親しげな方や、「直接お電話しますので、結構です」、「ご存知ですので結構です」、「名刺に記載しておりますのでご存知です」等とお伝えいただけないケースがございますが、 「出先からのご連絡になるかと存じますので、念のため、お電話番号をお教え頂いても宜しいでしょうか?」 と、確認はさせて頂く事も可能でございます。

 

 

 

 

このようなご指示を事前に頂ければ、追加オプション料金などはいただかずに対応させていただいております。

お問い合わせはこちらからお電話でのお問い合わせ