ビジネス キューブログ

マナーのポイント ─セミナーを受講して⑧─

2014年5月8日 | 

弊社では適切な電話応対を目指して、

マナーセミナーを受講しております。

セミナーの内容につきましては、電話応対方法やビジネスメールについて、

来客応対方法といったように多岐に渡ります。

 

電話応対の場合は、直接相手の表情を見ることが出来ませんが、

自らの表情や姿勢は電話応対の際の

声のトーンや明るさにも影響を与えます。

従って、表情や姿勢への意識、訓練も必要になって参ります。

 

 

前回まではマナーセミナーで受講しました、

表情訓練のポイントについて記載させて頂きました。

今回からはマナーの基本について記載させて頂きます。

マナーの基本は下記5つの項目に分類されます。

1、挨拶

2、表情

3、身だしなみ

4、言葉づかい

5、態度

 

今回はマナーの基本である、表情について記載させて頂きます。

前回にも記載させて頂きました、

挨拶の際にも表情は非常に重要でございます。

 

それでは以下に、望ましい笑顔の表情について記載させて頂きます。

具体的には下記2点が重要でございます。

①    目じりが下がっていること

②    口角が上がっていること

 

目尻に関しましては、「優しさ」を表します。

また口角に関しましては、「明るさ」を表します。

上記の事から、笑顔とは相手の方に「優しさ」と「明るさ」を

伝える事が出来るものであると感じました。

 

日常において、笑顔の持つ意味について意識する機会がございませんでした。

しかし今回のセミナーにて学んだ事から、

言葉と同時に表情にも意識を持つ事で、

相手の方にとっては随分印象が異なるものになります。

 

 

今後は社内のみならず、日常生活におきましても

笑顔についての意識を心掛けて参りたいと思っております。

 

タグ: , , ,

お問い合わせはこちらからお電話でのお問い合わせ