ビジネス キューブログ

マナーのポイント ─セミナーを受講して⑩─

2014年5月15日 | 

弊社では適切な電話応対を目指して、

マナーセミナーを受講しております。

セミナーの内容につきましては、電話応対方法やビジネスメールについて、

来客応対方法といったように多岐に渡ります。

 

電話応対の場合は、直接相手の表情を見ることが出来ませんが、

自らの表情や姿勢は電話応対の際の

声のトーンや明るさにも影響を与えます。

従って、表情や姿勢への意識、訓練も必要になって参ります。

 

今回はマナーの基本について記載させて頂きます。

マナーの基本は下記5つの項目に分類されます。

1、挨拶

2、表情

3、身だしなみ

4、言葉づかい

5、態度

 

 

前回は身だしなみについて記載させて頂きました。

今回は、言葉遣いについて記載させて頂きます。

 

言葉遣いについては、「敬語」という認識が強くお有りかと思います。

もちろん敬語の使用法につきましては、十分に注意が必要です。

しかし言葉遣いに関しましては、下記3点が重要となって参ります。

 

①    明るく

②    優しく

③    美しく

 

これらは相手の方とコミュニケーションを取る際に、

相対的に必要になってくる事項でございます。

お電話応対に関しましては、表情や仕草を相手の方に伝える事が出来ない為、

上記点のような配慮が必要となって参ります。

 

但し、弊社のようなお電話代行の会社の場合は、

様々な業種のお電話をお取りさせて頂く形になります。

業種によっては、明るく元気に応対させて頂く事が不適切にあたる場合も

ございます。

 

弊社の電話代行サービスはお客様のご要望に応じて、

臨機応変に対応させて頂いております。

応対時に「落ち着いた感じで」や、「ゆっくりと話す」等ご指示を頂けましたら、

ご要望に応じて対応させて頂きますので、どうぞお気軽にお申し付け下さいませ。

 

タグ: , , , ,

お問い合わせはこちらからお電話でのお問い合わせ